一日一食生活

すみません💦 ブログの更新、さぼっておりましたm(__)m

何か、忙しさに流されて気付いたら10月も終わり! いやいや良くないですよね~(= =; はい、とりあえず生きておりました!

今年6月頃から、基本的に一日一食の生活を続けています(*・ᴗ・*)و!

この所すっかり目も当てられないほどにブクブクと太ってしまい、贅肉の断捨離をしようと決めたのが切っ掛けです。夫の単身赴任中は食事を減らしていたけれど、帰宅してからは食事の支度をすることが増え、自然と自分が食べる量も増えていました。いや、自分が食べなきゃいいだけの話ですが、やっぱり作ると食べてしまいます…(-“-;

ここ10年だか20年だか、食べなきゃ病気が治る系の本がたくさん出版されていて、プチ断食、ファスティング、果ては不食の勧めなど、ありとあらゆる本が目白押し。目的もダイエットから病気を治すためのものまで様々です。ガンの患者さんのためにも、人参りんごジュースやハチミツ生姜紅茶で日中をしのぎ、夜だけ普通に食べるとか、そういう本も出てますね。

ホメオパスの中にも不食をされていて本まで出版されていらっしゃる方もいますし、私の整体の師匠もご自身の潰瘍性大腸炎を不食で治しちゃいましたし、世界には意外と多くの不食の方が実は存在していて、青汁だけで生きている方、水やコーヒーは飲んでいる方、水分さえ摂らなくても平気な方までいらっしゃるようです。

私は「こうであらねば」という大それたものがある訳ではなく、「私って単に食べ過ぎよね‥‥(´゚ω゚`)」から始めたので、今でもゆる~く続いています(=^・^=)

お陰様で、6月の最大体重計測時から-12kgを達成しました~*\(^o^)/*

不思議なことに、一日一食を始めた当初から、そんなに空腹感はありません。職場の同僚からは「え、1食抜いてもフラフラするし、無理」と言われますが、ふらつきもしなければ、体調が悪くなるどころかかえって調子がいいです。体も軽くなったし、おなかのぜい肉もさほど邪魔にならなくなってきました。まだ甘いものに時々手を出してしまいますが、整体の師匠からは「この癒着は糖分の摂りすぎ」と即座にばれたうえで、思い切り引きはがされてギャーギャー痛がって騒いでいるところを、他の生徒さんが動画撮影している、という何ともシュールな構図が出来上がっております。おかげさまで、足も肩や背中もずいぶん楽になりました(^^♪

みなさん、安心してください。私は触れるか触れないかのタッチで施術いたしますから。基本は…

さて、最近読んだのがこの本です。

私が持っているのは古い方のバージョンですが、今年新装版が出たようです。本格的な断食はしっかりとした指導の下に行ってくださいね。断食道場や病院の情報も載っています。体の状態と相談して無理をしないことです。朝食だけ抜くとか、三食食べても一回の量を減らすとか、プチ断食でも効果はありますよ。私は基本的に朝と昼は食べずに夜は普通に食べています。どうしても作りますからね…。日中は水分は普通に取っていますし、ちょっとしたおやつを食べることもあります。なんちゃってプチ断食です。以前はスロージューサーでニンジンリンゴジュースとか作っていましたが、搾りかすがもったいないので、すりおろして食べるように変えました。

書籍には断食のほか、笑うこと、感謝すること、長息法(呼吸法)、筋トレなどが病気知らずの体を作ることが書いてありました。一日たった5秒で筋肉を鍛えるアイソメトリックスのやり方も書いてありましたよ。

ああ、整体の師匠がおっしゃっていましたが、骨格がきちんと整っていないとダイエットしても痩せないのだそうです。

まだ順調に体重は減っているので、またご報告ができれば、と思っています(*’ω’*)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください