手帳 2019

はい、かなりの手帳マニアです💦

来年度の手帳は、持ち歩き用をほぼ日のウィークリーに決めました。小さめのバッグにでも入るくらい薄くて小型で、メモスペースもたくさんあるので、以前使っていたこともあり決めました。当時使っていた吉田カバンの手帳カバーが使える、ということもありまして…。この手帳カバーの使い勝手がとてもよかった💛 毎年ほぼ日の手帳カバーはリニューアルされるので、きっともう売ってない。

そして、ガントチャートを習慣化のために使っているのですが、今年、デルフォニックスのRollbahnのガントチャート手帳が出ているという情報を得、ゲットしてきました~(((o(*゚▽゚*)o)))

トップ画像にあるのがその中身のガントチャートです。毎月、普通の月曜始まりの見開き月間カレンダーと写真の見開きのガントチャートが今年10月~来年12月まであり、余りの3ページ分、あの大好きなRollbahnの方眼メモになっています。薄いのでメイン手帳に挟み込んで使えます。サイズはA5とB6の二種類あって、どちらもガントチャートの項目記入スペースは18で同数だったので、小さい方を選びました。大学の学習進捗なども管理しているので、それをさらに細分化して倍の36項目で使えるようにしました。学習、猫のトイレシートや砂ををいつ変えたか、とか、家の掃除、楽器の練習などなど一目でわかるので、ガントチャートはお気に入りです。

持ち歩き用のタスクメモにはやはりRollbahnのA6サイズの方眼手帳を使ってます。出かけ先で買い物メモを確認したり、しなければならない用事を書いて持ち歩いてます。バレットジャーナル風に使ってます。出先で気づいたことなど何でもメモします。これは仕事中も常に持ち歩きます。

あと、外してならないのがジブン手帳の【LIFE】という自分の一生を記録できる手帳です。一冊買えば一生使えます。履歴書を書く時にもすぐに見渡せて便利だし、お子さんが生まれたらすぐに記録を始めたら、きっと重宝すると思います。毎月どんなイベントがあったか、すぐに振り返れます。私も子供たちにこの記録をつけてあげておけばよかった、と後悔したくらいです。

で…メインの手帳はまだ決まってません💦 スケジュール管理はGoogleカレンダーとほぼ日ウイークリーを使っているので、日々の記録は普通の大学ノートでもよさそうですが…。以前使っていたフランクリンプランナーの一週間コンパスがとてもよくて、スケジュールやタスク管理がとてもスムーズだったので、一週間コンパスは取り入れたい。【役割】という考え方が、タスク漏れを防いでくれてとても重宝しました。うん、なんかこれ書いている内に大学ノートでいい気がしてきました(笑)ただ、一日の見える化にはジブン手帳やフランクリンプランナーが良かったので、まだ今年ももう少しあるし、ちょっと考えてみることにします😌

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください