オークション

最近、家の断捨離にオークションを活用しています。

元々は父の残した古銭などを、その価値を分からない自分たちが所有しているよりも好きな方の手元に渡れば、と始めたものですが、近頃は何でもかんでも「まあ、一度出してみるかなあ」と気軽に出してみています。

オークションサイトを見ていると、こんなものまで売れるのか?と驚くようなものも出品されています。

私は手芸が好きで、よくキットになったものを購入して作ります。レシピがついていて、材料もすべて入っているので、自分で素材を選ぶ手間もなく、気軽に、すぐに着手できるのが魅力です。作り終わったら、気に入ったレシピは取っておき、もう作らないだろうな、と思ったものは処分します。

ここで驚いたのが、作り終えたレシピや余った資材(刺繍糸や毛糸、必要分を切り取った余りの布など)が出品されているのを見つけたことです! それも1000円以上の値をつけて!! 売れてましたよ~(*_*)

自分には、作り終えたキットに価値があるなんて考えたこともなかったので、これは新しい発見でした。自分には不用品でも、欲しい人はいるんだなあ、と新たな認識を得ました。

出しても即売れるとは限りませんが、しばらく継続して出していると、忘れたころにふっと売れたりするのも面白いなあ、と思います。

また、手芸の話に戻りますが、人気作家さんの作品が作れるキットが、市販されているものよりも安く出品されている時に起こりがちなんですが、市販品よりも値段が上がって落札されているのも目の当たりにしました(+_+) いや、普通にお店から買った方が安いでしょう、と思うのですが、「これ欲しい!」と思ったら、落ち着いて冷静に考えられなくなるのが人間なのかもしれない、と、人間観察をしたりしています(^^♪

同様に、特に手に入りにくいものでもないのに、実際の値段以上をつけて売られているものもありますから、そこは冷静によく見て入札されたほうがいいでしょう。アマゾンで新品を買った方が安く買えるものもありますし。

どちらにしても、フリマやオークションは、最近大きな盛り上がりを見せていると思います。手間はかかりますが、リサイクルショップに出すよりもはるかに得るものが大きいです。今では、プロとして参入されている方も多いようですね。

元々の形としては、不要なものが必要な人の手に渡るわけですから、リサイクルの観点からは良い傾向なのではないかと思います。また、システムとしても匿名配送が普通に選択でき、プライバシーも守れますし、トラブルの件数も減っているのではないかと思います。入金システムなども、きちんと相手に商品が届いたことが確認されてからの振り込みになりますから、安心して売買できるように思います。もちろん、出品者や落札者の評価を見てみると、まだ問題が無くなったわけではないことがわかりますが、出品者側、落札者側双方がきちんと節度をもって利用しさえすれば、とてもいいシステムだと思います。

断捨離にオークション、使えますよ~(^^)/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください