整体

最近、街中にそれはそれは多くの整骨院やマッサージ店舗を見かけるようになってきました。以前に比べるとものすごい変化だと思います。それと同時に、施術の事故もよく耳にするようになってきました。

整体に関しては、国家資格を得て開業している鍼灸院や整骨院の他にも、特に資格がなくても開業できるリラクゼーション系のマッサージルームや整体院などがあります。

今、パートのお仕事で某国際空港に通っているのですが、そこにもマッサージルームがあり、15分程度の短時間のメニューから200分!もの長時間メニューまであり、3時間以上かけて一体どんな施術をするんだろう?と興味津々であります。

強く指圧されて痛気持ちいい~♪とよく言いますが、あれ、筋肉を傷つけているので良くないそうです。いわゆる揉み返し、というものも、本来あってはならないそうで、揉み返しは当たり前、と思っていた私には驚きでした。

一昔前の常識は今の非常識となることも度々で、これまで良い、と言われていたことがいつの間にかタブーになったりしていることが、最近多いように思います。ホメオパシーだって、初めの頃はナンセンスだと言われてよくバッシングされていましたが、最近ではそんなことをいう人は少なくなりつつあるように思います。病院でも最近では安易に解熱剤を出すことは少なくなっているようです。西洋医学の教育を受けたお医者さんたちにも、代替医療に関心を抱く方は増えています。

話が逸れましたが、最近の整体の世界では、体に負担をかけない、痛くしない短時間施術が増えています。私の師匠は一瞬体に触れただけで体を緩め血流を促します。決してまやかしではなく、その一瞬触れた際に、「ん?肩冷たいですね?」と、私のむち打ちで痛めた肩を見抜きました。施術も10秒もあればやってしまいます。30分も1時間も体を揉んでもらうことに慣れている人には物足りないのかもしれません。

体の緊張によって引き起こされる痛みは、その緊張を緩めて血流を促すことでかなり改善されます。逆に言えば、体の凝りは血流を妨げますから体を冷やし、それが原因となって様々な不調を生み出します。

冷えは万病のもと、といっても過言ではありません。

私が実践している整体は、痛みを伴わない短時間整体です。しかし、血の巡りが良くなって、時間を追うごとにさらに良くなっていくのが特徴です。自己治癒力が働くようになるからです。次回、5月のセルフメンテナンスセミナーでは、自分で体温をあげるための瞑想法をご紹介しようと思っています。よろしければ、是非お越しくださいませ(*’ω’*)

整体を仕事にしているのに、整体の記事がないなあ、と今日はちょっと書いてみました💦

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください