四十肩とか五十肩とか

もう、2、3年ほど前になりますか。ある日気付いたら五十肩になっていました。直前にかなり肩を酷使することがあったので、それが原因になったかも知れませんし、そうではなかったかも知れません‥‥。

大した動きをしていないのに、ふとしたきっかけで息が止まりそうな痛みが走る。数秒間、痛みで固まる‥‥。これまで色んな五十肩の人を見てきましたが、自分と同じ症状のある人とはまだ会ったことがありません。かなり酷かったのかな‥‥

ネットで調べてみると、大体1年ほどで引いていく人もいるらしいですが、何年も痛みの残る人もいるようです。

五十肩になって半年程して、交通事故にあい、それから半年程むち打ちのために整形外科に通いました。整形外科に併設のリハビリにも通いましたし、整骨院にも通いました。

元々酷い肩こりがありましたが、事故後は理学療法士さん達がどんなことをしても全く取れない頑固なこりはずっとありました‥‥。むち打ちの治療のついでに五十肩にもアプローチしてくれましたが、通院中に治ることはありませんでした。

でも、症状固定で通院を打ち切られてからしばらくして、いつの間にか五十肩は治っていました。肩の可動域まで確かめはしませんでしたが、普通に動かせるようになっていました。

さて、しばらく前のことになりますが、五十肩で肩より上に腕の上がらないという人がいました。立ったまま2、3分位肩と腕を施術しましたら、すぐに上がるようになり、痛みも直ぐに取れました! 押したり揉んだりはせずに、ほとんど撫でる位のことしかしていなかったので、たいそう驚かれて、目をパチクリさせていらっしゃいました(笑) その方はその後症状の戻りもなく、お元気です。

私も五十肩に苛まれていた頃に今の師匠に出会っていたら、あんなに長い間苦しまなくても済んだのになあ、と思いました。

もちろん一口に五十肩と言っても、いろんな症状の方がいらっしゃいます。皆がみな同じように治るとは限りませんが、脳への刺激、歪みの矯正、血流の改善にアプローチしていきますので、色々なところへ通ってみたけれどもなかなか結果が出ていないような場合には、是非ご相談ください(*・ᴗ・*)و! ご希望があれば、ホメオパシーのレメディーも併せて処方致します。レメディーは来院の間を埋めてくれる、便利なツールですし、症状の治りを早めてくれるお手伝いにもなります。

また、あまりにも症状が酷い場合や長引いている場合には、整形外科できちんと検査して頂くことをおすすめします。五十肩ではなく、腱板断裂など、別の問題であることもありますからね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください